あなたの悩みにぴったり対応する膣引き締めクリニック紹介サイト

menu
TOP » なぜ起きてしまう?膣のゆるみと原因 » ゆるみの原因No.1・出産後に膣がゆるい理由

ゆるみの原因No.1・出産後に膣がゆるい理由

なぜ出産をすると膣がゆるむ?

出産することによって膣がゆるくなったという経験を持つ女性はとても多いです。なぜ出産をすると膣がゆるくなってしまうのでしょうか。その原因は女性器の周囲の筋肉にあるのです。

妊娠・出産が体にもたらす変化

女性の身体は妊娠すると大きく変化します。まず胎児を育てられるだけの空間を作り、そこに羊水などが溜まります。膣の周囲にある骨盤底筋はこうして重くなった体重を下から支えなくてはならず、出産時には産道が開くことでさらに負担がかかります。難産になれば長時間いきまなくてはいけないので骨盤底筋の負担も大きくなるといわれています。こういった変化が、後々膣のゆるみや尿漏れなどの形で表れてくるのです。

出産がゆるみの原因となる仕組み

骨盤の下には骨盤底筋と呼ばれる筋肉があり、子宮などを支えています。この筋肉は膣や尿道、肛門を締める役割があるのですが、ゆるんだり衰えたりすることで本来の力を発揮できなくなり膣がゆるくなってしまいます。ではなぜ出産によって骨盤底筋に変化が起きるのでしょうか。

骨盤底筋は腸骨の真ん中にある筋肉で膣や尿道、肛門の周囲を支えていますが、出産の負担により深刻なダメージを受けます。出産時の筋肉の損傷や引き伸ばされた骨盤底筋は1、2ヶ月でゆっくりと回復していきますが、中には骨盤底筋がたるんだまま戻らなくなってしまうこともあります。こういった出産時のダメージが膣のゆるみや尿漏れの原因となります。

ゆるみが進行すると起こる問題

膣がゆるくなると、普通に生活しているだけでも中に空気が入りこんだり、入浴時にお湯が入ってしまうことがあります。「別にそこまでの支障はない」と思っている方も多いかもしれませんが、膣のゆるみが進行してしまうと尿漏れなどが起こり、さらに悪化すれば腹圧性尿失禁などを併発する危険も増えてしまいます。

とは言っても、膣のゆるみは個人のトレーニングなどで改善することは難しく、確実に引き締めるためにはクリニックでの施術が必要になってきます。用意されている施術方法はさまざまで、レーザー治療、超音波治療、高周波治療、注射治療、メスを使って切除する方法などがあり、自分の体質や事情に合った施術方法を選ぶことが重要になります。一人で考え込まずに、まずは自分の症状をクリニックで相談しましょう。自分に合った施術を行ってもらえるよう、相談しやすい女性の医師が対応してくれて、治療機器が揃っているクリニックを選ぶのがポイントです。

このサイトでは「患者さんの悩みを解決する対応力」というポイントから、東京の膣引き締めクリニックを施術機器の取扱数が多い順にランキング化していますので、ぜひ参考にしてみてください。

東京の膣引き締め
対応力ランキングを見る