あなたの悩みにぴったり対応する膣引き締めクリニック紹介サイト

menu
TOP » なぜ起きてしまう?膣のゆるみと原因 » まだ平気と思っていませんか?加齢による膣の変化

まだ平気と思っていませんか?加齢による膣の変化

年を取るとなぜ膣がゆるむ?

加齢によって膣がゆるくなり尿漏れなどが多くなるといいますが、具体的に歳を重ねることで膣にどういった変化が起きているのでしょうか。それは膣の周囲の筋肉に関係しています。

老化が膣にもたらす変化

年を取ることで膣に起こる変化は、大きく分けると2つあります。膣周辺の筋肉の低下と、膣内の粘膜のコラーゲンの減少です。年配の女性でも膣のゆるみが起きていない方はいますし、必ずしもこういった現象が起きるわけではありませんが、自覚症状がある方の症状内容はさまざまです。では具体的に筋肉の低下やコラーゲンの減少が起きるとなぜ膣がゆるむのでしょうか。その仕組みを探っていきましょう。

老化が膣がゆるみとなる原因

まず大きな原因の一つが膣周辺の筋力の低下です。人間の身体というのは老化によって筋肉量が落ちていきます。腕の筋肉量が減って細くなったり、早く走れなくなるのは筋肉の低下が原因です。

実は骨盤を支えているのも筋肉であり、膣や尿道、肛門を締める筋肉を骨盤底筋といいます。この筋肉も老化することで減少し、たるんでしまうので正常な働きができなくなり膣がゆるくなってしまいます。

膣内のコラーゲンの減少でも膣のゆるみが起こります。膣内の粘膜はコラーゲンが充足していることによってハリがある状態を保っていますが、老化によりコラーゲンが失われると膣壁のボリュームもなくなり膣がゆるんだ状態になってしまいます。これは肌に起こる変化と同種のもので、尿漏れやお風呂の水が入り込む原因になるだけでなく、放置しておくと膣がどんどん固くなって膣萎縮を引き起こしてしまうことも。

ゆるみが進行するとどういう問題が起きるのか

ゆるみが進行してしまうと膣だけでなく尿道もゆるくなり、くしゃみをしたときや走ったときに尿が漏れやすくなります。また骨盤底筋が衰えるので上の内臓部分を支えられなくなり、子宮や膀胱が下降してしまう危険性も高くなります。これを防ぐためには骨盤底筋を鍛えるトレーニングなどが重要になりますが、加齢による骨盤底筋の衰えはトレーニングではなかなか改善しないのも事実です。

やはりクリニックでゆるんだ膣を引き締める施術を受けるのがおすすめです。膣の引き締め施術とひとことにいってもその施術方法は多様で、レーザー治療や高周波治療、切除縫合治療などがあり、それぞれに使用する機器やダウンタイムも異なります。どれが自分に合うかはカウンセリングを行ったうえで決めるのが適切ですが、選択肢は多いに越したことはありません。婦人科形成のなかでも施術機器の種類が多く、対応力の高いクリニックを選んで、まずは気になっている症状を相談してみましょう。

このサイトでは「患者さんの悩みを解決する対応力」というポイントから、東京の膣引き締めクリニックを施術機器の取扱数が多い順にランキング化していますので、ぜひ参考にしてみてください。

東京の膣引き締め
対応力ランキングを見る