あなたの悩みにぴったり対応する膣引き締めクリニック紹介サイト

menu
TOP » なぜ起きてしまう?膣のゆるみと原因

なぜ起きてしまう?膣のゆるみと原因

膣のゆるみの主な原因は2つ

若い頃は問題なかったのに加齢とともに膣がゆるんでしまう、というのは多くの女性が持つ悩みです。実際に膣のゆるみを改善するためにクリニックに通院したり、施術を受けている女性もたくさんいます。

しかし、そもそもなぜ膣のゆるみという現象が起きてしまうのでしょうか。今回は膣のゆるみがなぜ起きるのか、どんな原因が考えられるかという部分に焦点を当てて紹介していきましょう。

まず、膣がゆるむ二大原因として挙げられているのが出産と加齢です。出産を経験した女性は経験していない女性に比べて膣のゆるみを感じやすいという傾向があります。また、10代~20代の若い女性に比べて、40代以降の年配の女性は膣がゆるみやすくなります。では、出産や加齢が引き起こす膣の変化とは何なのでしょうか。具体的な身体への影響、膣のゆるみの直接的な原因について迫っていきましょう。

出産によって起きる身体の変化

出産をするにあたり重要となる子宮や骨盤を支えているのは骨盤の下にある骨盤底筋と呼ばれる筋肉です。この骨盤底筋は尿道、膣、肛門を引き締める働きがあるとても重要な筋肉です。出産による陣痛やいきみ、胎児の圧迫などがこの骨盤底筋に負担をかけることで筋肉がゆるんでしまうという現象が起きます。この現象は多くの女性に起きるもので、産後すぐにはわかりません。しかし、骨盤底筋へのダメージは徐々に身体に表れ、気が付いたときには膣がゆるくなってしまうのです。骨盤底筋がゆるむことで膣のゆるみ以外にもさまざまな弊害が起こりますし、さらにゆるみが進行すると深刻な事態にもなります。一体どんな問題が起きてしまうのか、こちらでくわしく紹介しています。

出産による膣のゆるみ
と対処法をくわしく見る

加齢によって起きる身体の変化

加齢によって筋肉が衰えるのはご存知だと思いますが、その現象は腕や足だけでなく、女性器の周囲の筋肉にも当てはまります。膣の周りは骨盤底筋などの筋肉によって支えられているので、加齢による筋力低下でゆるんでしまうというのは当然の現象。また、加齢によってコラーゲンが減少し、表面のハリがなくなることで膣がゆるくなる場合も考えられます。加齢による膣のゆるみが進行すると身体にどんな影響があるのかくわしく紹介しています。

加齢による膣のゆるみ
と対処法をくわしく見る